「FuBoLaboちがさき」は、茅ヶ崎で子育てをするお父さん・お母さんのための、より豊かで楽しい子育てライフを応援する情報サイトです。

【参加費無料・託児あり】平成27年度響きあい教育セミナー開催@茅ヶ崎市役所分庁舎

申込締切日 2015年8月13日(木) まで ※定員(先着100名)に達し次第
開 催 日 2015年8月20日(木)
2015年8月5日 10:52 | 約4分で読めます
このエントリーをはてなブックマークに追加

FuBoLaboちがさきでは、紹介のみ行なっております。詳しくは主催者までお問い合わせください。

画像平成25年度に文部科学省が実施した「学校における性同一性障害に係る対応に関する状況調査」によれば、自分の肉体的な性別に違和感を訴える児童生徒が全国の小中高校に少なくとも606人在籍しており、違和感を覚えているもののそれを訴えていない児童生徒はさらに多いとみられています。

こうした現状を踏まえ、今回のセミナーでは、性同一性障害の当事者であり、特定非営利活動法人ReBit(リビット)で性的マイノリティに対する理解を深める活動を行う方々を講師に迎え、多様な性をもつ子どもの理解と支援について考えたいと思います。

教育センターでは、毎年度、子どもの教育に関するセミナーを企画しています。

今回は、特定非営利活動法人ReBit(リビット)の方々より、「『性同一性障害』って何だろう?-多様な性をもつ子どもの理解と支援について考える-」という演題でご講演をいただきます。

ReBit はLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)を含めた全ての子どもがありのままの自分で大人になれる社会を目指すNPO法人です。

10~20代を中心に約300人のメンバーが所属しており、小学校~大学、自治体等で児童生徒や教職員等に向け150回以上出前授業や研修を実施してきました。

著書に『LGBTってなんだろう?-からだの性、こころの性、好きになる性』(合同出版)があります。
そんなReBit の方々のお話をこの機会に伺ってみませんか。

イベント詳細情報
イベント概要 “子どもの教育に関する講演会
演題「『性同一性障害』って何だろう?-多様な性をもつ子どもの理解と支援について考える-」”
募集期間 2015年7月22日~8月13日
開催日 2015年8月20日
開催時間 14:30 ~ 16:30
会場 市役所分庁舎6階コミュニティホール(茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号)
講師 特定非営利活動法人ReBit(リビット)
持ち物 筆記用具等
託児 2歳以上10名(申込制・先着順)8月10日(月)まで
参加費 無料
対象 市内在住・在勤・在学等の方
定員 100名(申込制・先着順)
主催 茅ヶ崎市教育センター
お申し込み方法 電話・FAXのいずれかで、お名前と人数・電話番号・託児の有無をお伝えいただき、お申込みください。
お問い合わせ先 “茅ヶ崎市教育センター
電話86-9965 FAX88-1394″
関連サイト http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/kyouiku/1005049/index.html

 

■その他
駐車場には限りがありますので、公共の交通機関をご利用ください。

Filed in: まちなかイベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加

文:

「FuBoLaboちがさき」は、茅ヶ崎で子育てをするお父さん・お母さんのための、より豊かで楽しい子育てライフを応援する情報サイトです。

関連記事

関連記事はありません