「FuBoLaboちがさき」は、茅ヶ崎で子育てをするお父さん・お母さんのための、より豊かで楽しい子育てライフを応援する情報サイトです。

お子さんが生まれたら、みんなが手続きする健康保険証と小児医療証について 〜健康保険証と小児医療証の違い〜

2012年6月4日 12:46 | 約3分で読めます
このエントリーをはてなブックマークに追加

◎健康保険証

みなさんの「健康保険」の種類は何ですか?「国民健康保険(国保)」または「社会保険(社保)」のどちらかですね。「健康保険」に加入していると、ご自身や扶養家族に医療が必要になった際、医療費の一部を健康保険組合等が負担する制度が「健康保険」で、その「あかし」が健康保険証です。

お子さんが生まれると、国保に加入している方は市の保険年金課で、また社保に加入している方は、勤務先等で扶養の手続きをします。これでお子さんにも健康保険が適応されることとなり、通常、小学校就学前(6歳の誕生日を過ぎた最初の3月31日まで)は、保険がきく診療の医療費のうち、8割に保険が適応され、残りの2割のみ自己負担、ということになります。
※小学生になると、大人と同じく7割に保険が適応され、残りの3割が自己負担となります。

 

◎ 小児医療証

お子さんが生まれた際、「健康保険」の扶養手続きをするのと同じく、小児医療助成の手続きを行うことができます。手続きは、市の子育て支援課で行い、その「あかし」である「小児医療証」が発行されます。

病院等にかかるときは、「健康保険証」と「小児医療証」の両方を病院に提示することで、保険がきく診療の医療費のうち、保険が適応された8割の残りの2割の自己負担分の医療費を公費で助成することができます。つまり、医療費が「無料」となるわけですね。

ですから、もし「健康保険証」や「小児医療証」を忘れて病院にかかった場合は、その後、加入する健康保険組合や、市の子育て支援課で、手続きをする必要がありますよ。


 

▼小児医療証の申請方法や、年齢による小児の医療費助成の対象(所得制限)等について
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/kosodate/teate/1004819.html

▼健康保険証について
国保の方:茅ヶ崎市保険年金課へお問い合わせください。
社保の方:加入する健康保険組合等へお問い合わせください。

▼小児医療証について
茅ヶ崎市子育て支援課へお問い合わせください。

Filed in: FuBoLaboニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加

文:

「FuBoLaboちがさき」は、茅ヶ崎で子育てをするお父さん・お母さんのための、より豊かで楽しい子育てライフを応援する情報サイトです。

このページに関するつぶやき(1ツイート

  1. 子育て中のお父さん、お母さん!「健康保険証」と「小児医療証」の違いはご存知ですか!?

    http://t.co/ky4RpQ3o http://t.co/7omSN78u

関連記事

関連記事はありません