「FuBoLaboちがさき」は、茅ヶ崎で子育てをするお父さん・お母さんのための、より豊かで楽しい子育てライフを応援する情報サイトです。

【プレゼントあり】あかちゃんといっしょにおつむてんてん♪  0歳から

2013年5月2日 17:58 | 約3分で読めます
このエントリーをはてなブックマークに追加

おつむてんてん

 

「おつむてんてん」 なかえよしお・上野紀子
あかちゃんとおかあさんの絵本 金の星社

 

久しぶりにあかちゃん絵本のご紹介です。

 

さっちゃんが おつむを てんてんとすると、ねこの にゃんこも まねして おつむを てんてん。

それを みた いぬの わんたも おつむを てんてん・・・。

 

リズミカルな音とやわらかいタッチの絵で、赤ちゃんもよろこびそうです。

さっちゃんのところを 読んであげる赤ちゃんの名前や、ご兄弟の名前に変えて読んであげても楽しいですね。是非、一緒におつむてんてんとやってみてくださいね。

 

おつむてんてんプレゼント

 

 

絵本をもっとめくってみる

作者は大ベストセラー「ねずみくんのチョッキ(講談社出版文化賞受賞)」でおなじみの なかえよしおさんと上野紀子さんのコンビによるもの。

これはどういう話かというと、ねずみくんのお気に入りのチョッキをいろんな動物がちょっと貸してと着て順番に着ていくんです。

しまいにはゾウがぼくにも着せてって言ってきます。絶対むりですよね・・。

ねずみくんのチョッキどうなっちゃうんでしょう。ユーモアと最後にちゃんとオチがある、お二人の作品。ねずみくんシリーズもたくさんでているので、是非読んでみてください。

この上野紀子さんの作で「ぞうのぼたん」という絵本がありますが、これは文字がない絵本なのですが、いきなりびっくりする展開と絵がユーモラスで楽しい。教訓めいたものを感じさせない絵本は純粋に楽しいですね。

私も絵本を描きたいと思ってからずっとユーモアのある絵本を描きたいと思って描いてきました。私が通っていた絵本塾でもよく言われましたがユーモアとギャグは違うんです。ギャグは一過性のものだけれど、ユーモアは普遍的なもの。どの時代であっても楽しめるってすごいことです。

教訓めいていない絵本であったとして、子供時代にそういう絵本を読んでユーモアってどういうことかを知らず知らずのうちに感じて、知って、知らず知らずのうちに、大げさかもしれないけれど、生きていく上でそううものに助けられていることもある。ユーモア、奥深しです。

 

★文中の絵本★

ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの絵本 1)

ぞうのボタン-字のない絵本-

おつむてんてんプレゼント

Filed in: あの子の絵本箱

このエントリーをはてなブックマークに追加

文:

1978年生まれ。茅ヶ崎に育つ。 大学時代に死生学に興味を持つ。セツ・モードセミナー卒業。 パレットクラブ絵本コース卒業。絵本ワークショップ「あとさき塾」「チャブックス」に参加。 2005年より、個展等にて作品を発表。第7回逗子市手作り絵本コンクール「優秀賞」受賞。 『てがみぼうやのゆくところ』にて、第35回講談社絵本新人賞受賞。本作がデビュー作となる。 加藤晶子ホームページ「アトリエメクル」 http://atelier-mekuru.com 「てがみぼうやのゆくところ」加藤晶子作 講談社 定価1300円(税別) 書店、amazon等にて販売中

このページに関するつぶやき(1ツイート

  1. 【更新情報】 【プレゼントあり】あかちゃんといっしょにおつむてんてん♪  0歳から – http://t.co/tnBjNGzU28

関連記事

関連記事はありません