「FuBoLaboちがさき」は、茅ヶ崎で子育てをするお父さん・お母さんのための、より豊かで楽しい子育てライフを応援する情報サイトです。

【プレゼントあり】「40年間こどもたちのおともだち」小さい絵本2冊セットでプレゼント!

2015年1月5日 9:00 | 約5分で読めます
このエントリーをはてなブックマークに追加

ねずみくんの
チョッキ
(ねずみくんの小さな絵本)
作・なかえよしを 絵・上野紀子
ポプラ社

「ねずみくんのチョッキ」
おかあさんに あんでもらった 赤いチョッキは ねずみくんに ぴったり。
ちょっときせてよ。とつぎつぎに いろいろな動物たちが ねずみくんの チョッキをきていきます。アヒルに、アシカに ついにはゾウまで!?
どうなっちゃうの ねずみくんのチョッキ!ハラハラ、ユーモアあふれる、こどもたちがだいすきな1冊です。

ねみちゃんと
ねずみくん
(ねずみくんの小さな絵本)
作・なかえよしを 絵・上野紀子
ポプラ社

「ねみちゃんとねずみくん」
ねみちゃんが赤い毛糸であんでいる、いいもの。ねずみくんは自分へのプレゼントのチョッキに違いないと想像します。想像はどんどん膨らんで・・さて、現実は?!

 

絵本をもっとめくってみる

昨年(2014年)40周年を迎えた大人気絵本「ねずみくんのチョッキ」のちいさい絵本シリーズです。こどもの頃に読んでいたこどもたちが大人になってまた自分のこどもに読んでいるパターンも多いのだとか。

「ねずみくんのチョッキ」は1975年度講談社出版文化賞を受賞されその後、ねずみくんシリーズとしてなんと31冊の絵本が出版されています。
お話は単純な繰り返しですが、絵本にも起承転結、中でも結のオチを大事にしている作者の姿勢がどの絵本にもきちんとみられ、小さいな人たちも 楽しめるオチが必ず用意されています。

また、なかえさんの絵本は画面構成もとてもうまい。表紙いっぱいに贅沢な余白、その下中央に小さなねずみが一匹。主人公をこんなに画面の中で小さく描いてしまうなんて、すごい!ページをめくるごとにねずみくんより大きな動物がつぎつぎに現れますが、場面によって寄ったり、引いたりしないので、ねずみくんはずっと小さいまま。他の動物との大きさの比較も視覚的にとてもわかりやすく描かれています。最後の場面では画面いっぱいにはみださんばかりのゾウが圧巻です。

「ねみちゃんとねずみくん」は毎回シリーズ本に登場するねみちゃんとの関係性がわかる微笑ましい1冊です。

今回はこの人気シリーズの小さい絵本をお年玉企画で2冊セットでプレゼント致します。お出かけ時にバックに入れていつでも楽しめますね。

絵本バックナンバー

★ねずみくんシリーズ★

また!
ねずみくんの
チョッキ
(ねずみくんの絵本 3)

またまた!
ねずみくんの
チョッキ
(ねずみくんの絵本 7)

だから!
ねずみくんの
チョッキ
(ねずみくんの絵本 25)

とりかえっこ!
ねずみくんの
チョッキ
(ねずみくんの絵本 13)

ねずみくんと
ゆきだるま
(ねずみくんの絵本 15)

りんごがたべたい
ねずみくん
(ねずみくんの絵本 2)


他にもたくさん楽しいお話がたくさんありますよ!

NPO法人セカンドブックアーチ

NPO法人セカンドブックアーチについて

読まなくなった不要な本、またはもう読まないけれど捨てられない大切な本を地域のために役立てたいとの思いから、2007年より茅ヶ崎にて活動を開始。本をこよなく愛するスタッフで構成されており、本というものは読み終わった後に捨ててしまう、売ってしまうといった、たんなる消費物ではないと信じて活動しています。

寄付可能な本は、児童書・単行本・古書・各種参考書など様々。詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ:http://www.npo-sba.com

Filed in: あの子の絵本箱

このエントリーをはてなブックマークに追加

文:

1978年生まれ。茅ヶ崎に育つ。 大学時代に死生学に興味を持つ。セツ・モードセミナー卒業。 パレットクラブ絵本コース卒業。絵本ワークショップ「あとさき塾」「チャブックス」に参加。 2005年より、個展等にて作品を発表。第7回逗子市手作り絵本コンクール「優秀賞」受賞。 『てがみぼうやのゆくところ』にて、第35回講談社絵本新人賞受賞。本作がデビュー作となる。 加藤晶子ホームページ「アトリエメクル」 http://atelier-mekuru.com 「てがみぼうやのゆくところ」加藤晶子作 講談社 定価1300円(税別) 書店、amazon等にて販売中

関連記事

関連記事はありません