「FuBoLaboちがさき」は、茅ヶ崎で子育てをするお父さん・お母さんのための、より豊かで楽しい子育てライフを応援する情報サイトです。

【プレゼントあり】「さらっと深い!」

2015年4月7日 9:59 | 約5分で読めます
このエントリーをはてなブックマークに追加

みんながおしえてくれました

作・五味太郎

塀の上の歩き方、垣根の飛び越え方、木登りの仕方・・・いろんなことをネコやら犬やら猿やらがそれぞれ女の子に教えてくれます。

みんなにいろんな事を教わって、考えて、女の子はどんな人になるのかな?

 

絵本をもっとめくってみる

暖かな空気に誘われて一歩外に出ると、うすピンクの花をあふれんばかりに枝いっぱいに咲かせている桜の木が目に飛び込んできます。この満開の桜は、私たちに春の訪れを、入園式や、入学式、新しい生活のスタートの季節になったことを教えてくれます。
この4月から入園、入学したばかりの小さな皆さんは特に先生やお友達に新しいことを教わる機会が増える事でしょう。
この絵本を読むとそれだけでなく、私たちの身の回りに生きる虫や動物、植物はみんな何かを教えてくれているのだと、気づかされます。
そしてこの女の子のように、小さい人たちはそれをすんなり、素直に受け取って自然と身につけていくのだということにも我々大人は気づかされるのです。
そして、教えている動物たちは教えているとは思っていないのでしょう。普段ふつうにやっていることをただやっているだけです。
それを女の子は見よう見まねで身につけていく。そんな淡白な関係性が淡々と五味さん独特のリズム感のある言葉で続いていく。
その様が心地よい絵本です。
そして、最後は自分で考えて、覚えて、その延長にこまかいことを教えてくれる大人も、ともだちもたくさんおりますから・・・
だから「どうみてもりっぱなひとになるわけです」と締めくくられます。
小さな人たちはこんなにたくさん周りからいろいろなことを吸収して大きくなっていく。それだけでりっぱなことではないですか!
教わることが不得手になってきてしまった私たち大人は素直に教わることの大切さを子供達に教えてもらっているのですね。
教育的ではなく、おしつけがましくなく「さらっと深い!」五味さんの表現力はさすがです。

ところで、この絵本を読んだ時、昨年104歳で亡くなられた詩人、「まどみちお」さんの口癖を思い出しました。
まどさんが100歳の頃の口癖が「知らんかったなあ。びっくりしたなあ」という言葉だったそうです。
100歳になられてもまだ「知らない事、びっくりする事」がたくさんあった、そう感じる心をお持ちであったまどさんの言葉は弱冠30そこらの私にはそれはそれは涙が出る程、心に染みました。小さな動植物にも暖かい眼差しを向けておられたまどさんにはそれこそ、この絵本の小さな子ども達のようにいろいろなことを教わるこころの窓がいつでも明け放れていたのだと思います。

この絵本を読みながら、お子さんと一緒に身の回りのものにちょっと目を向けて、「何を教えてくれているのかな?」
なんてやりとりをしてみても楽しいかもしれません。子供達の意外な答えに楽しい発見があるかもしれませんよ。

絵本バックナンバー

★楽しくおかしく美しく!
数学と日本語が学べる絵本★

絵本ことばあそび (五味太郎のことばとかずの絵本)

すうじの絵本(五味太郎のことばとかずの絵本 )

ことばのあいうえお (五味太郎のことばとかずの絵本)

はじめてであう すうがくの絵本 (1)

あいうえおの本

★大人の方と小学生くらいのお子様に
是非読んで欲しい五味太郎さんのエッセイ★

 

大人問題 (講談社文庫)

じょうぶな頭とかしこい体になるために

NPO法人セカンドブックアーチ

NPO法人セカンドブックアーチについて

読まなくなった不要な本、またはもう読まないけれど捨てられない大切な本を地域のために役立てたいとの思いから、2007年より茅ヶ崎にて活動を開始。本をこよなく愛するスタッフで構成されており、本というものは読み終わった後に捨ててしまう、売ってしまうといった、たんなる消費物ではないと信じて活動しています。

寄付可能な本は、児童書・単行本・古書・各種参考書など様々。詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ:http://www.npo-sba.com

Filed in: あの子の絵本箱

このエントリーをはてなブックマークに追加

文:

1978年生まれ。茅ヶ崎に育つ。 大学時代に死生学に興味を持つ。セツ・モードセミナー卒業。 パレットクラブ絵本コース卒業。絵本ワークショップ「あとさき塾」「チャブックス」に参加。 2005年より、個展等にて作品を発表。第7回逗子市手作り絵本コンクール「優秀賞」受賞。 『てがみぼうやのゆくところ』にて、第35回講談社絵本新人賞受賞。本作がデビュー作となる。 加藤晶子ホームページ「アトリエメクル」 http://atelier-mekuru.com 「てがみぼうやのゆくところ」加藤晶子作 講談社 定価1300円(税別) 書店、amazon等にて販売中

関連記事

関連記事はありません