「FuBoLaboちがさき」は、茅ヶ崎で子育てをするお父さん・お母さんのための、より豊かで楽しい子育てライフを応援する情報サイトです。

【プレゼントあり】あめのひは不思議な事が起こるかも?

2014年5月8日 11:54 | 約6分で読めます
このエントリーをはてなブックマークに追加

かさもっておむかえ

 

スクリーンショット 2014-05-08 11.49.58

かさもって おむかえ 征矢清 さく 長新太え 福音館書店ーこどものともシリーズ

 

あめふり ざんざんぶり

かさもって おむかえ

きゅうにふってきた あめ。かおるは、おとうさんを迎えに傘を抱えて 駅まで出かけて行きます。
ところが 待っても待ってもお父さんは電車から降りてきません。待ちくたびれた頃、かおるの前に現れたのは オレンジ色のとらねこでした。とらねこは、お父さんが乗り換える駅まで電車に乗って
迎えに行こうと誘います。なんだか楽しくなってきたかおるはとらねこについて、電車に乗り込みます。するとそこは動物専用の車両。大きなくまやおおとかげ、かばやゾウが座席に座っているのです。かおるは無事お父さんに会えるのでしょうか?雨の日の不思議な出来事の始まりです。

プレゼント

 

絵本をもっとめくってみる

「絵本をもっとめくってみる」
後、1ヶ月もすれば梅雨の季節がやってきます。今はどこにでもコンビニがあり、傘を売っていますし、天気予報もだいぶ当たるようになったし?折りたたみ傘も軽量化されてきたし・・・かさを持ってお迎えに行くという行為そのものが少なくなったように思います。そんな、私も昔は傘を持って父親を迎えに行ったことを思い出しました。自分と同じ位の背丈の父親の傘を引きずりながら雨の中を歩くのはちょっと大変ですが、その分偉いことをしているような気がしたのものです。
さて、この絵本は、お父さんがなかなか帰ってこないというかおるの不安と、とらねこに誘われてちょっとした冒険が始まる時のかおるの楽しい気持ちがよく描かれていて、淡々と事が進んで行く中にも気持ちの変化をちゃんと味わえる絵本です。
しかも淡々と進んで行く割に実は結構すごいことが起きている。私は絵本を描く時に絵本を読み終わった後、そのファンタジーの世界は本当にあるのかもしれないと感じてもらえたらよいなと思っているのですが、この絵本もまさにそう。もしかしたら絵本だけのお話ではないかもしれませんよ。雨のひは不思議なことが起こるかもしれないですからね。

 

★あめのひに読みたい絵本★

スクリーンショット 2014-05-08 11.28.39

おじさんのかさ 
佐野洋子 講談社
大事にしすぎて傘をささないおじさん。おじさんが傘をさす時はくるのでしょうか?!

スクリーンショット 2014-05-08 11.34.53

バムとケロのにちようび 島田ゆか 文溪堂
細部まで楽しい島田ゆかさんのバム・ケロシリーズの1冊。

 

スクリーンショット 2014-05-08 11.38.08

かさどろぼう シビル・ウエッタシンハ 徳間書店
スリランカを舞台とした美しい絵とユーモラスなお話で大好きな1冊です。

 

プレゼント

 

編集後記

***********************************
表紙「てがみぼうやのゆくところ」 いつも、絵本レビューをお読みいただきありがとうございます!
さて、6月にはいよいよ、私の絵本が出版されます♪

茅ヶ崎だと長谷川書店さんに置いて頂ける予定です。
もしくは大きな書店さんだと置いて下さるかと思います。みなさまどうぞよろしくお願い致します。

絵本「てがみぼうやのゆくところ」
作・加藤晶子 講談社
定価:1,300円+税
5月29日刊行予定*書店さんにはその2、3日後となります。
****************************************

■刊行記念トークショ-&サイン会!-絵本ができるまでの制作秘話等をお話致します。
6月15日(日)
参加費:500円 15:00-2h程度 要予約
okeba gallery&shop 茅ヶ崎市香川7-1 0-7 熊澤酒造敷地内
お申し込み先:okeba gallery&shop
tel:090-2249-6112
mail: okeba@kumawaza.jp *参加人数とご連絡先を明記の上お申し込み下さい。
***************************************
■絵本のお話会-絵本の読み聞かせを致します。
6月17日(火)
入場無料 15:00ー 予約不要
長谷川書店 ネスパ店6Fギャラリー JR茅ヶ崎駅北口 交番となり
***********************************

 

NPO法人セカンドブックアーチ

NPO法人セカンドブックアーチについて

読まなくなった不要な本、またはもう読まないけれど捨てられない大切な本を地域のために役立てたいとの思いから、2007年より茅ヶ崎にて活動を開始。本をこよなく愛するスタッフで構成されており、本というものは読み終わった後に捨ててしまう、売ってしまうといった、たんなる消費物ではないと信じて活動しています。
寄付可能な本は、児童書・単行本・古書・各種参考書など様々。詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ:http://www.npo-sba.com

Filed in: あの子の絵本箱

このエントリーをはてなブックマークに追加

文:

1978年生まれ。茅ヶ崎に育つ。 大学時代に死生学に興味を持つ。セツ・モードセミナー卒業。 パレットクラブ絵本コース卒業。絵本ワークショップ「あとさき塾」「チャブックス」に参加。 2005年より、個展等にて作品を発表。第7回逗子市手作り絵本コンクール「優秀賞」受賞。 『てがみぼうやのゆくところ』にて、第35回講談社絵本新人賞受賞。本作がデビュー作となる。 加藤晶子ホームページ「アトリエメクル」 http://atelier-mekuru.com 「てがみぼうやのゆくところ」加藤晶子作 講談社 定価1300円(税別) 書店、amazon等にて販売中

関連記事

関連記事はありません