「FuBoLaboちがさき」は、茅ヶ崎で子育てをするお父さん・お母さんのための、より豊かで楽しい子育てライフを応援する情報サイトです。

自分でつくるよ! グリルで焼き芋

2013年3月11日 10:19 | 約3分で読めます
このエントリーをはてなブックマークに追加

焼き芋1

お芋をアルミホイルで包んでグリルで焼くだけの、本当に簡単なおやつ。手間がかかるものを子供と作る余裕がない時には、シンプルなもので小さな子供と一緒に楽しむのも良いですね。器具もほとんど使わないので後片付けもありません。少し手が器用になってきた年頃でしたら、ほとんど全部自分でできるので、満足感もいっぱいです。

 

焼き芋2

サツマイモはたわしでよく洗います。持てる大きさのお芋だったら、手に握ってゴシゴシ。お芋が大きかったり、まだ力のない小さなお子さんの場合は、大人がお芋を押さえてあげると良いでしょう。

 

焼き芋3

洗ったお芋をアルミホイルでくるくるとしっかり包み、魚焼きグリルに入れます。大きさにもよりますが、強めの火力で20分~40分くらい焼きます。良い香りがしたり、ホイルの上から押してみて(熱いので注意!)やわらかければ出来上がりです。皮を剥いて温かいうちにいただきましょう。

 

焼き芋4

グリルはとても便利ですね。魚を焼くのはもちろんですが、我が家ではトースター代わりにパンのトーストやグラタンにも使います。茹でた野菜やソーセージ等をあぶるのに使うのも便利ですね。ホイルで包むと蒸し焼きのようになるので、カットしたお芋やカボチャ、玉ねぎなどをグリルで調理し、その後サラダ等にすると水っぽくなく、ソースがよく絡みます。

今回のように焼き芋をしたものも、いろいろ応用ができます。皮を剥いて熱いうちに潰し、小麦粉をと卵を練り込んで小さく切って茹でればニョッキになりますし、生クリームと卵、お砂糖を混ぜて焼けばスイートポテトですね。食べきれずに残ったお芋はそのままコロコロ切ってサラダにいれたり、パンケーキのタネに入れると美味しいです。

これからの季節には、新ジャガイモで作ってジャガバターなどにしても良いですね。
いろいろなアレンジを楽しんでください…!

焼き芋5

焼き芋6

写真:鈴木綾子

 

材料

  • サツマイモ
  • アルミホイル

 

作り方

  1. サツマイモはたわしでこすってよく洗う。
  2. 1をアルミホイルで包み、魚焼きグリルで20~40分ほど、やわらかくなるまで焼く。

 

※サツマイモ、新ジャガ共にグリルの上にぶつからない大きさのものを選びましょう。玉ねぎなどは4つ割りくらいにして塩を少し振り、ホイルで包んで焼くとやわらかく焼けます。(オーブンでも同じように作れます。その場合は200度くらいで焼きます。)

料理:注意事項

Filed in: 台所あそび[ステップ1]

このエントリーをはてなブックマークに追加

文:

すずの木カフェ店主。茅ヶ崎在住、2歳児の男の子の母です。 東京、フランス等で修行の後、料理教室講師やウェブサイトにてレシピ連載などを経験。 今はカフェの営業と子育ての毎日です。 日々、子どもと一緒に料理を楽しむことを実践しながら勉強中。 我が家の日常から、小さな子どもでもできることを少しずつご紹介します。 子どもと一緒に少しずつレシピのレベルアップをしていければと思っています。 もっと楽しいやり方があったら是非教えてくださいね!

このページに関するつぶやき(2ツイート

  1. おやつをグリルで焼き芋づくり!洗って包んで入れるだけ!簡単なおやつを作ってみましょう。

    http://t.co/mrABXGJQBF

  2. RT @FuBoLabo: おやつをグリルで焼き芋づくり!洗って包んで入れるだけ!簡単なおやつを作ってみましょう。

    http://t.co/mrABXGJQBF

関連記事

関連記事はありません