「FuBoLaboちがさき」は、茅ヶ崎で子育てをするお父さん・お母さんのための、より豊かで楽しい子育てライフを応援する情報サイトです。

たまごもわれるよ!しめじ入りスクランブルエッグ

2012年7月14日 12:00 | 約3分で読めます
このエントリーをはてなブックマークに追加

卵は味も形も子どもにはとても魅力的!自分で割ったり剥いたりするのはなおさらですね。

 

今回は、中の具も小さな子がお手伝いしやすいしめじです。キノコは裂いて細くすると味がよく出ます。しめじは株の下のところだけ大人が包丁で外し、大きいまま子どもに渡します。小さな手で一本ずつにはずすのは楽しい仕事のようですね。途中で飽きることもありますが、集中するタイプのお子さんでしたら、太いものをさらに半分に裂いてもらっても良いでしょう。

 

さて、卵を割ってみましょう!初めて子どもが卵を割る時は、必ず殻が(たっぷり)入ったり黄身が崩れたりするものです。卵の殻は衛生上よくありませんから、あらかじめ卵をよく洗って拭いておきましょう。
ボウルの淵や外側で卵をたたき、中に割入れるというのはとても難しいもの。広い、安定したお皿やバットを用意し、入れ物の中で卵をコツコツと叩くようにしましょう。卵割りが大好きになってくると、中でわざとグシャっと潰したりすることもあります…が、この楽しみを一通り終えてから、きちんときれいに割ることを教えてあげれば良いのではないかと思っています。

1歳くらいの小さなお子さんにはゆで卵を渡してあげると良いですね。力がないので、なかなかひびが入りませんが、コンコンと叩いているうちに殻がクシャッとなるのはたまらないようです。

準備ができたら大人がさっと炒めるだけ。ほとんど自分で作ったものですから、子どもは大満足です!

写真:鈴木綾子

 

(2~3人分)

  • 卵    3個
  • しめじ  1/2~1パック
  • 塩    少々
  • 油    大さじ1

(作り方)

  1. しめじは付け根を包丁で外し、手で小さく裂く。
  2. 卵を割り、塩を加えてよく混ぜる。
  3. フライパンに油を入れて強めの中火で熱し、1のしめじ、塩少々を加えてよく炒め、しんなりしたら卵も加えてさっと炒める。卵を加える前に油を少し足しておくとフライパンにこびりつきにくいです。

※味付けは、砂糖を入れて甘い卵にしても良いですし、塩だけでチーズや青じそなどを加えても。チーズや青じそは卵液に混ぜ込んでおきます。
油はオリーブオイル、ごま油、菜種油などお好みで。

 

Filed in: 台所あそび[ステップ1]

このエントリーをはてなブックマークに追加

文:

すずの木カフェ店主。茅ヶ崎在住、2歳児の男の子の母です。 東京、フランス等で修行の後、料理教室講師やウェブサイトにてレシピ連載などを経験。 今はカフェの営業と子育ての毎日です。 日々、子どもと一緒に料理を楽しむことを実践しながら勉強中。 我が家の日常から、小さな子どもでもできることを少しずつご紹介します。 子どもと一緒に少しずつレシピのレベルアップをしていければと思っています。 もっと楽しいやり方があったら是非教えてくださいね!

このページに関するつぶやき(1ツイート

  1. 子どもと作る日々のごはん、子どもと一緒に「たまご」を割ってみよう!たまごを割るだけなのに、どうしてこんなに楽しそうなんだろう!?

    http://t.co/2oEMydKZ http://t.co/OwqfVik7

関連記事

関連記事はありません