「FuBoLaboちがさき」は、茅ヶ崎で子育てをするお父さん・お母さんのための、より豊かで楽しい子育てライフを応援する情報サイトです。

まぜてまぜて パンケーキを作ろう!

2012年12月19日 12:45 | 約6分で読めます
このエントリーをはてなブックマークに追加

パンケーキ

クリスマスや冬休みを迎えて、甘いものを作る機会も増えてきますね。ロングセラーの絵本「しろくまちゃんのほっとけーき」(わかやま けん作)の影響で、息子が作りたがったパンケーキに挑戦しました。この本は私が子供の頃も読んだ記憶があり、ホットケーキがぴちぴちぴち、ぷつぷつ、と焼けていくページが印象に残っていました。

親になってから読むと、しろくまちゃんが粉やミルクをこぼしながら一生懸命混ぜている場面の方が妙に現実的で…実際に粉だらけになりながら、うまくできた絵本だなあ…と感心しました。ご覧になったことがない方は、図書館などに置いてあるので是非読んでみてくださいね。

 

材料は絵本と同じ、「たまごとぎゅうにゅう」「こむぎこ ふくらしこ(ベーキングパウダー)」、それに少ししっとりするように、ヨーグルトとバター、少しの塩も加えました。食事としても食べられるよう、砂糖はいれていません。

パンケーキは液体に粉を混ぜる方法と、粉に液体を混ぜる方法がありますが、子供が作る場合ボウルに粉類を入れてくぼみをつくり、くぼみに液体を入れながら少しずつ混ぜていく方が混ぜやすいようです。

 

パンケーキ

はじめに小麦粉とベーキングパウダー、塩を合わせてザルでふるい(すごく小さなお子さんの場合は大人がやったほうが良いです)、真ん中をへこませて割っておいた卵(卵の割り方は「しめじ入り卵焼き」参照)とヨーグルトを加えます。液体とその周りの粉だけを小さく混ぜてドロドロにします。まわりの粉は残ったままです。

ドロドロになったら牛乳を半分入れて、ドロドロの部分とよく混ぜてから周りの粉も混ぜながら少し大きめに丸を描きながら混ぜます。粉が残るようならばもう少し牛乳を足して、ゆっくり大きな丸を描きながら粉が全部なくなるまで混ぜます。粉がなくなったら、残りの牛乳を入れて、全体が均一になるまで混ぜます。大事なのは少しずつドロドロの生地を作ることで、いっぺんに液体を入れてしまうと均一に混ぜるのが難しくなります。子供の手にあった、小さな泡立て器を使いましょう。

パンケーキ

 

パンケーキ

このままでも良いですが、よりリッチで伸びのある生地にする為、バターを加えます。ここからは大人が行います。フライパンを熱して、大さじ1のバターを溶かし、少し茶色くなるまで熱して生地に混ぜ込みます。これで生地の出来上がり。

 

パンケーキ6

パンケーキ5

フライパンをキッチンペーパーで拭いて、そこへ小さなお玉で10cm程の生地を流して焼きます。キッチンペーパーはそのまま小皿などに取って置き、次に焼く時に使います。周りが固まって来たら裏返し、反対側も焼いて皿に取り、先ほどのキッチンペーパーでフライパンを拭いて(油をひく代わりです)、次を焼きます。中火くらいでどんどん焼きます。(焼けたパンケーキの上に、乾いた布巾をかけておくと、冷めにくくなります。)

焼き上がったらなるべく早く食べましょう!バターやヨーグルト、メープルシロップなどお好みでお楽しみくださいね。

 

パンケーキ7

※写真はリンゴを煮たものが添えてあります。リンゴは息子が「自分で切りたい!」と言ったので、一緒に切りました。うちの息子はまだ自分で包丁を持つには、手がぐらついて危ないので、一緒に切りましたが、包丁が使える子でしたら是非作ってみてください。リンゴを切る時にはなるべくぐらつかないよう、平らな面を大きくしてまな板に置くと良いですね。

パンケーキ9

りんご1/2個くらいをいちょう切りにして、耐熱ボウルに入れて蓋をし、500Wの電子レンジで3分ほど加熱するとできます。加糖しないのでシンプルで美味しく、1歳くらいでも安心して食べられますよ。

 

パンケーキ8

写真:鈴木綾子

材料(10枚分)

  • 薄力粉(または地粉)  1カップ(100gくらい)
  • ベーキングパウダー   小さじ1/2
  • 塩           ひとつまみ
  • 卵           1個
  • ヨーグルト       大さじ2
  • 牛乳          1/2カップ(100ml)
  • バター         大さじ1

 

作り方:

  1. 粉とベーキングパウダーを合わせ、ザル等を使ってボウルにふるい入れる。塩も加える。
  2. 1の中心をくぼませ、卵とヨーグルトをくぼみに入れて泡立て器で中心から混ぜる。ドロドロになったら牛乳の半量を加えてさらに混ぜ、粉がなくなったら残りの牛乳を入れる。
  3. フライパンを熱してバターを溶かし、茶色くなったら2の生地に加え混ぜる。
  4. キッチンペーパーでバターを拭いて3の生地を流して焼く。ふちが焼けてきたら裏返して反対も焼く。焼けたら皿に取り、残りも焼く。

 

※ヨーグルトは入れなくてもできます。無い時は、牛乳を少し増やして調節してください。
※豆乳で作る場合は上記の配合でしたら、卵、ヨーグルト、牛乳の代わりに豆乳を1カップ強入れてください。バターの代わりに菜種油などを加えます。蜂蜜やメープルシロップなど、糖分を生地に加える方がしっとりします。

料理:注意事項

Filed in: 台所あそび[ステップ1]

このエントリーをはてなブックマークに追加

文:

すずの木カフェ店主。茅ヶ崎在住、2歳児の男の子の母です。 東京、フランス等で修行の後、料理教室講師やウェブサイトにてレシピ連載などを経験。 今はカフェの営業と子育ての毎日です。 日々、子どもと一緒に料理を楽しむことを実践しながら勉強中。 我が家の日常から、小さな子どもでもできることを少しずつご紹介します。 子どもと一緒に少しずつレシピのレベルアップをしていければと思っています。 もっと楽しいやり方があったら是非教えてくださいね!

このページに関するつぶやき(1ツイート

  1. 【FuBoLaboちがさき】台所あそびを更新しました!クリスマスや冬休みのおやつにいかが♬まぜてまぜてパンケーキを作ろう!

    http://t.co/Z9ZnDrB0 http://t.co/rYEHeSGX

関連記事

関連記事はありません