「FuBoLaboちがさき」は、茅ヶ崎で子育てをするお父さん・お母さんのための、より豊かで楽しい子育てライフを応援する情報サイトです。

すって、おろして・・・ 人参とりんごの和え物

2013年1月25日 12:00 | 約4分で読めます
このエントリーをはてなブックマークに追加

人参とりんごの和え物1

店先に人参がたくさん並んでいるのでなにか一品、と思い、季節の終わりのりんごと合わせた一皿です。包丁は使わず、いろんな歯の付いているおろし金で作ります(写真)。こういうものは、安定もよく便利なので子供が料理を手伝うようになってからはとても重宝していますね。裏側に滑り止めのゴムが付いているものだと使い勝手が良いですが、なければぬれ布巾を下に敷いて作業しましょう。

作り方はとってもシンプル。基本的には、人参を「細切り用の歯」を使っておろし、次にりんごをおろし金ですりおろして合えるだけです。

 

人参とりんごの和え物2

人参は洗って、皮を剥きます。大人が支えてあげて、上から下まですーっと引っ張ることを教えてあげると、きれいに剥けます。うちの子の場合は、はじめ上手に剥けずに小さくちまちまと剥いていたので、「すーーっとひっぱってごらん」とひとこと言うと、「すーっ」「すーっ」と、リズムをつけながら上手にできました。人参は形も硬さも適度に剥きやすいので、初めてでもやりやすいと思います。

 

人参とりんごの和え物3

皮がむけたら持ちやすい大きさに切ってあげ、細切りにすります。歯で指をこすると危険ですので、人参は長めにしておきましょう。力があるお兄さんお姉さんは一人でも十分できると思いますが、必ず大人がそばにいてあげましょう。細かくなった人参は、ボウルに入れて軽く塩をふっておきます。

 

人参とりんごの和え物4

次にりんごをおろします。皮付きでも良いですが、ここでは皮はむきました(「パンケーキ」参照)。皮を剥いて8等分くらいに切ったりんごを、おろし金ですりおろします。りんごはやわらかいので、小さなお子さんでも一人でおろせると思います。

 

人参とりんごの和え物5

おろしたりんごに、レモンを絞ります。レモンにもよりますが、硬い場合は一緒にしぼります。レモンは、りんごの変色を防ぐためと、味のアクセントのためですので、必要の無い場合はなしで構いません。

 

人参とりんごの和え物6

おろしたりんごを、先ほどの人参に加えて混ぜ合わせます。お皿に盛って、出来上がり!レモンの皮を少し切って飾るとよそ行き風です。とても簡単ですが、りんごの果汁が瑞々しく、子供も大人も楽しめる味わいですので是非作ってみてくださいね。

人参とりんごの和え物7

写真:鈴木綾子

 

材料

  • 人参  1本
  • りんご 1個
  • 塩   少々
  • レモン 1/4個

 

作り方

  1. 人参の皮を剥いて、野菜おろしで細切りにし、塩をふる。
  2. りんごも皮を剥いてすりおろし、レモン汁をかける。
  3. 2を1に混ぜ合わせる。

※大人のサラダ用にする場合は、胡椒をひとふりとオリーブオイルを加えると「サラダ」らしくなります。

料理:注意事項

Filed in: 台所あそび[ステップ1]

このエントリーをはてなブックマークに追加

文:

すずの木カフェ店主。茅ヶ崎在住、2歳児の男の子の母です。 東京、フランス等で修行の後、料理教室講師やウェブサイトにてレシピ連載などを経験。 今はカフェの営業と子育ての毎日です。 日々、子どもと一緒に料理を楽しむことを実践しながら勉強中。 我が家の日常から、小さな子どもでもできることを少しずつご紹介します。 子どもと一緒に少しずつレシピのレベルアップをしていければと思っています。 もっと楽しいやり方があったら是非教えてくださいね!

このページに関するつぶやき(1ツイート

  1. 『FuBoLabo 台所あそび』が更新されました!「すって、おろして・・・人参とりんごの和え物」。包丁を使わずに、お子さんと一緒にお料理を楽しみましょう♪… http://t.co/tLyPwWSq

関連記事

関連記事はありません