「FuBoLaboちがさき」は、茅ヶ崎で子育てをするお父さん・お母さんのための、より豊かで楽しい子育てライフを応援する情報サイトです。

スライサーで細切りに挑戦、キュウリとツナのそうめん

2012年7月26日 15:34 | 約4分で読めます
このエントリーをはてなブックマークに追加

細く切ったキュウリに、ツナを合わせて麺つゆで味を付けたそうめんだれです。スライサーの千切り用のものを使います。包丁で切るより切り口が粗くなるので、水分が出やすく、味もしみこみやすいですし、手軽ですね。
スライサーは子どもでも使えますが、小さな子は手を切ってしまわないよう必ず大人と一緒に扱います。シュッシュッとリズムを取りながら擦ると子どももとても楽しそう。

 

キュウリは水を張ったボウルでよく洗います。新鮮なものほどイボのところがとがっているので、子どもが扱う前に確認してケガのないように注意しましょう。少し大きい子でしたら、一緒に触ってみて「キュウリが新鮮だからトゲトゲするんだよ」と教えてあげてもよいですね。

 

洗ったキュウリはへたを落とし、スライサーで輪切りくらいの長さの千切りにします。キュウリをなるべく直角に近い角度で持って擦ると、短い千切りがたくさんできます。スライサーを扱う時は、子どもが握る部分より、下側を大人が持ちます。スライサーを支える側も、急に手を出さないように押さえてあげると安心ですね。

 

できあがった千切りをボウルに移し、ツナを加えておきます。
そこまで準備ができたらそうめんを茹でます。鍋に湯を沸かし、そうめんを入れてひと混ぜ。再沸騰したらコップ一杯の水を加えてもう一度沸いたらザルにあげます。冷水でよく洗い、水気を切って器に盛ります。火を扱う場合は、鍋も湯気もとても熱く危険ですね。熱いのが危ない、ということが伝わらない小さい子の場合は、大人が用意しましょう。少しものが分かるようになってきたら、そうめんを鍋に入れるのを手伝ってもらっても良いですね。その場合は、一度火を止めて麺を入れると湯気も落ち着き、やりやすいようです。始めのうちは無理せず、冷やした麺の盛りつけを手伝ってもらうだけでも十分楽しめます。

麺の準備ができたら、先ほどのキュウリとツナのボウルにかえしや、市販の麺つゆを入れてよく混ぜ、そうめんの上からのせて出来上がりです。
青じそなどがあればちぎってのせると香りも良いですね。

写真:鈴木綾子

材料(2~3人分)

  • キュウリ  2本
  • ツナ缶   1缶
  • そうめん  200g
  • 麺つゆ   1/3カップくらい

 

作り方

  1. キュウリはよく洗い、へたを取ってスライサーで千切りにする。
  2. 1をボウルに入れ、水を切ったツナ缶を加える。
  3. そうめんを茹で、冷水に取りよく洗う。水気を切って器に盛りつける。
  4. 2に麺つゆを加えてよく混ぜ、3にかける。(キュウリから水がたくさん出るので水は加えない。)

※ツナ缶は水煮、油漬けはお好みで。
※麺つゆはお家でかえしを作っていらっしゃる方は是非それを。市販のもので手軽に作っても美味しいです。市販のものはストレートですと、キュウリの水で少し薄く感じるかもしれません。水で割るタイプの方がおすすめです。

 

Filed in: 台所あそび[ステップ1]

このエントリーをはてなブックマークに追加

文:

すずの木カフェ店主。茅ヶ崎在住、2歳児の男の子の母です。 東京、フランス等で修行の後、料理教室講師やウェブサイトにてレシピ連載などを経験。 今はカフェの営業と子育ての毎日です。 日々、子どもと一緒に料理を楽しむことを実践しながら勉強中。 我が家の日常から、小さな子どもでもできることを少しずつご紹介します。 子どもと一緒に少しずつレシピのレベルアップをしていければと思っています。 もっと楽しいやり方があったら是非教えてくださいね!

このページに関するつぶやき(3ツイート

  1. ママと一緒にクッキング♪夏休み、お子さんと一緒にお料理を楽しむのもいいですネ!夏はやっぱり冷たいそうめんが美味しい!

    http://t.co/UvBMLUHB http://t.co/SRgnSax5

  2. 「小さなこどもと作る日々のごはん」更新しました。今日のように暑い日にぴったり、キュウリとツナのそうめんづくりに挑戦して見ませんか?!いや〜暑い!… http://t.co/bboYdwOp

  3. ママと一緒にクッキング♪夏休み、お子さんと一緒にお料理を楽しむのもいいですネ!夏はやっぱり冷たいそうめんが美味しい!

    http://t.co/UvBMLUHB http://t.co/SRgnSax5

関連記事

関連記事はありません