「FuBoLaboちがさき」は、茅ヶ崎で子育てをするお父さん・お母さんのための、より豊かで楽しい子育てライフを応援する情報サイトです。

自分で巻いて、ぱくっ! くるくるジャムサンド

2012年10月2日 12:43 | 約4分で読めます
このエントリーをはてなブックマークに追加

おやつにごはんに便利なサンドイッチ。ですが、我が子はいつもバラバラにして、具だけ食べてからパンを食べたりしています。どんなサンドイッチならちゃんと食べてくれるかしら…と考えたとき、子どもの頃母が作ってくれたロールサンドを思い出しました。ロールサンドは薄くペースト等を塗ってくるくる丸めるので、小さな子でもそのまま食べやすく、こぼれにくいので大人も安心…!
ここではジャムを使ったおやつサンドを作っていますが、スライスのチーズやハム、野菜のペーストなどいろんな種類を楽しめますね。くるくる巻くのは小さな子にはちょっとハイレベルで、挑戦しがいがあるようです。

薄く塗ったジャムとヨーグルトだけのサンドイッチです。ヨーグルトがしっとりしているので、ジャムは少量でも食べやすいですし、ジャムの甘みでヨーグルトは無糖でも十分です。

 

作り方はとってもシンプル。まず、ヨーグルトの水を切ります。ザルにガーゼをかましたものか、コーヒーフィルターを用意して、深めのお皿にのせ、ヨーグルトを入れて一晩置きます(時間がなければ1時間くらいでもある程度は水が切れます)。下のお皿に水がたまって、ヨーグルトが少し固くなっていればok。別のお皿に出しておきましょう。

ヨーグルトの用意ができたら、サンドイッチ用の薄切りパンを綿棒でかるくつぶします。ふわふわのパンだと丸めた時に厚くなってしまうのと、ひび割れてしまう場合があるのでそれを防ぐためです。まな板や台の上にパンを一枚おいて、綿棒をころころ転がします。強く押す必要はありませんので、子どもがころころするくらいがちょうど良いですね。

 

全部出来たら、ジャムを薄く塗ります。少し難しいので大人が手伝ってあげましょう。そこへ水を切ったヨーグルトをのせてのばします。こちらの方がやりやすいですね。厚く塗りすぎると丸められないのでこちらも薄めに。端まで塗らない方が後ではみ出しません。
さて、最後はくるくる丸めます。手前からころころころ~っと丸め、そのままパクッ!作ったそばから食べられる、楽し~いおやつの出来上がり!

写真:鈴木綾子

材料(3~4人分)

  • 食パン(サンドイッチ用スライス) 8枚
  • ヨーグルト 100g
  • ジャム   適量

作り方

(前日)
(1)ヨーグルトの水切りを作る。ガーゼをかましたザルを深めの皿にのせ、ヨーグルトを入れる。ガーゼを折り込むように蓋をして、そのまま一晩冷蔵庫に置く(コーヒーフィルターで作る場合はドリッパーにセットしてそこへヨーグルトを入れ、ラップをする)。

(当日)
(2)食パンを平らな台の上に置き、綿棒を軽く転がして少し平たくする。
(3)2にごく薄くジャムを塗り、その上に1のヨーグルトを塗る。
(4)3を手前からくるくる巻く。すぐに食べない場合は乾燥しないように一つずつラップフィルムなどで巻いておく。

※ヨーグルトの水切りは1時間くらいでもできますが、水分が多く残っているとパンにしみやすいので、3時間くらいは置いた方が良いでしょう。
※ひとつずつラップでキャンディのように両端をひねって包むのも楽しいですね。

 

Filed in: 台所あそび[ステップ1]

このエントリーをはてなブックマークに追加

文:

すずの木カフェ店主。茅ヶ崎在住、2歳児の男の子の母です。 東京、フランス等で修行の後、料理教室講師やウェブサイトにてレシピ連載などを経験。 今はカフェの営業と子育ての毎日です。 日々、子どもと一緒に料理を楽しむことを実践しながら勉強中。 我が家の日常から、小さな子どもでもできることを少しずつご紹介します。 子どもと一緒に少しずつレシピのレベルアップをしていければと思っています。 もっと楽しいやり方があったら是非教えてくださいね!

このページに関するつぶやき(1ツイート

  1. 【FuBoLaboちがさき】台所あそびを更新しました。パパママと一緒に、楽し〜いおやつの出来上がり!「自分で巻いて、ぱくっ!くるくるジャムサンド」をご紹介しています♪… http://t.co/r74Y50mE

関連記事

関連記事はありません