「FuBoLaboちがさき」は、茅ヶ崎で子育てをするお父さん・お母さんのための、より豊かで楽しい子育てライフを応援する情報サイトです。

お豆をぽろぽろ、グリーンピースごはん

2012年7月6日 22:53 | 約3分で読めます
このエントリーをはてなブックマークに追加

さやの中に並んだかわいいお豆をとりだして、お米と一緒に炊きます。

水加減も炊き方も普通のごはんと同じです。塩や酒を少し入れると香りよく炊けますが、お豆だけでももちろん美味しくいただけます。

子供の小さな手は、お豆を一粒ずつ取り出すのにぴったり。大人ならばつい一度にこそげてしまうところですが、子供はお豆を一つずつつまむのが楽しいようですね。

指先にまだ力のない小さなお子さんの場合はさやを開くのが難しいので、開いておいてあげるとよいでしょう。


 

ごはんを炊くのもお手伝いしてもらいましょう!

大きめのボウルにザルを重ねて米を入れ、お水を入れたら一緒に手でくるくる混ぜてすぐにざるをあげて水を取り替えます。それを何度か繰り返し、炊飯器や鍋に移して炊きます。生の米でも見た目はごはんですから、食べてしまうことも…!そんな時には泡立て器で混ぜるようにすると、遠いからか(?)あまり食べようとしませんでした。泡立て器を使うと、子供の手でもちゃんととぐことができるので一石二鳥ですね。

 

無洗米の場合は、炊飯器やお鍋にお米とお水を入れるのを手伝ってもらうだけでも子供には十分達成感があるようです。「お水をジャーっといれてね」と、カップを渡して入れてもらいます…が、時には途中で飲んでしまい分量がわからなくなることも…。我が家は土鍋なので、そんな時には目盛のある炊飯器が欲しくなります…。

ともあれ、子供にとっては水遊びと同じ。明らかに遊びモードになってしまったらお手伝いはまた次の機会に!

写真:鈴木綾子

(4人分)

  • 米   2合
  • 水   420mlくらい
  • グリーンピース  1袋分(さやつきで150~200gくらい)
  • 塩   少々
  • 酒   大さじ1

 

(作り方)

  1. 米をといで分量の水と共に炊飯器などに入れておく。
  2. グリーンピースをさやから取り出し、ざっと洗って1に入れる。塩、酒もこのときに入れる。豆とごはんは混ぜずにそのままで良いです。
  3. 炊飯器の方はそのまま炊き始めます。鍋などの場合は米をといでから30分くらい置いて吸水させてから炊きます。
  4. 炊きあがりは子供と一緒に見たいもの…!一番始めの湯気はやけどの危険があるので、大人が一度かき混ぜて、中の熱が落ち着いてから一緒に出来上がりを楽しみましょう。

 

 

Filed in: 台所あそび[ステップ1]

このエントリーをはてなブックマークに追加

文:

すずの木カフェ店主。茅ヶ崎在住、2歳児の男の子の母です。 東京、フランス等で修行の後、料理教室講師やウェブサイトにてレシピ連載などを経験。 今はカフェの営業と子育ての毎日です。 日々、子どもと一緒に料理を楽しむことを実践しながら勉強中。 我が家の日常から、小さな子どもでもできることを少しずつご紹介します。 子どもと一緒に少しずつレシピのレベルアップをしていければと思っています。 もっと楽しいやり方があったら是非教えてくださいね!

このページに関するつぶやき(1ツイート

  1. 「すずの木カフェ」店主、ヨシムラチエさんによる「子どもと作る日々のごはん」の連載が始まりました!

    http://t.co/QaVLLb76 http://t.co/6KSjEjXs

関連記事

関連記事はありません