「FuBoLaboちがさき」は、茅ヶ崎で子育てをするお父さん・お母さんのための、より豊かで楽しい子育てライフを応援する情報サイトです。

2人でいろんな野菜を使おう! 具だくさんうどん

2015年3月2日 10:28 | 約4分で読めます
このエントリーをはてなブックマークに追加

udon_018

今回は2才と4才の2人で料理。お兄さんとちびちゃんで分担作業を行いました。お兄さんお姉さんは、ちびちゃんが見ているからかっこ良くしっかりやろうと頑張ったり、教えてあげたりするものですね。兄弟や年の違うお友達と一緒にお料理するのはおすすめです!

 

udon_002

いろんな野菜を小さく切って、具だくさんうどんを作ります。
まず、お兄さんはハサミを使って出汁用の昆布を切ります。昆布は鍋に入れ、たっぷりの水を張っておきましょう。

 

udon_008
次に、大根や人参の皮をピーラーで剥きます。少し前はやっとのことで剥いていた人参も(2013人参サラダ参照)、スイスイ剥けるようになってきました。人参はまな板に置き、頭のところを片手でもって反対の方へすーっと剥くようにします。大根も剥きます。大根はしっかり持って10cmくらいに切り、さらに半分に切りましょう。(長い方が剥きやすいので、1/2本分を剥きました。使ったのは10cm分くらいです)

 

udon_016
カボチャは硬くて滑りやすいので、切るのは大人か小学生以上がおすすめですが、タネを取るのをやってみましょう。タネもなかなか力がいりますね。

 

udon_005

その間にちびちゃんはキノコをほぐします。(2012しめじ入りスクランブルエッグ参照)ひとつひとつ手で取ります。

 

udon_028
それができたら、お兄さんが用意してくれた人参と大根をスライサーで小さく切っていきましょう。まだ上手に持てない年齢のお子さんの場合は、大人が一緒に持ちます。必ず大人の手が刃に近い方になるようにしましょう。(2012きゅうりそうめん参照)

 

udon_020

最後に白菜、白菜は2人でちぎってしまいます。大きな株から取り外すのは力のあるお兄さん。そして2人で食べやすい大きさ(?)にちぎりましょう。

 

udon_025

全てを昆布の鍋に入れ、ことことやわらかくなるまで煮込みます。

 

udon_035
煮えたらお酒と醤油少し、お味噌で味つけ。茹でたうどんにかけてできあがり!

 

udon_036

みんなで作ると楽しいですね。

材料(4人分)

  • 昆布 20cmくらい
  • 人参 1/2本
  • 大根 10cmくらい
  • カボチャ 1/4個
  • しめじ 1パック
  • 白菜 2~3枚
  • 水 1.5~2リットル(煮ている間に煮詰まります)
  • 酒  大さじ1
  • 醤油 大さじ1
  • 味噌 大さじ2~3
  • うどん お好みで

作り方

  1. 鍋に昆布を切入れ、水を張って出汁を取っておく
  2. 野菜を切る。人参、大根は皮を剥きスライサーで薄く切る。しめじはほぐし、かぼちゃはタネを取って小さく切る。白菜はざっくりちぎる。
  3. 2を1の鍋に入れてことこと煮込む。野菜がおいしそうに煮えたら、分量の調味料で味を整える。
  4. うどんを茹でて、お椀に取り、3の汁をかける。

*お揚げや肉類を入れるとしっかりボリュームのほうとう風に。このままでお味噌汁としてももちろん美味しいです。酒、醤油、味噌の代わりに塩こしょうと牛乳を入れてあっさりチャウダーにしても。野菜と昆布だしだけの優しい味わいです。

料理:注意事項

 

 

Filed in: 台所あそび[ステップ2]

このエントリーをはてなブックマークに追加

文:

すずの木カフェ店主。茅ヶ崎在住、2歳児の男の子の母です。 東京、フランス等で修行の後、料理教室講師やウェブサイトにてレシピ連載などを経験。 今はカフェの営業と子育ての毎日です。 日々、子どもと一緒に料理を楽しむことを実践しながら勉強中。 我が家の日常から、小さな子どもでもできることを少しずつご紹介します。 子どもと一緒に少しずつレシピのレベルアップをしていければと思っています。 もっと楽しいやり方があったら是非教えてくださいね!

関連記事

関連記事はありません