「FuBoLaboちがさき」は、茅ヶ崎で子育てをするお父さん・お母さんのための、より豊かで楽しい子育てライフを応援する情報サイトです。

なんでも巻いちゃおう! まきまきのり巻き

2013年8月23日 0:50 | 約3分で読めます
このエントリーをはてなブックマークに追加

norimaki_005

大人も子どももみんな大好きのり巻きです。人が集まる時にみんなで作ると楽しいですね。
鮭やおかか、きゅうりなどはもちろん、残り物のおかずなどもどんどん巻いてしまいましょう!

 

norimaki_001

ごはんは普通に炊いたもので作りましたが、夏なら酢めしも良いですね。2合のごはんでしたら、酢1/3カップくらいに塩少々と砂糖大さじ1くらいを溶かしたものが基本的な配合です。お好みで梅酢やゆず果汁などもおいしいですね。

海苔は1枚ですと、上手に巻けないので半分に切りました。冷ましたごはんと中に入れる具、それから手水を用意しておきましょう。手水は水に少し酢をたらしたもので、ここで手を洗いながら作ります。巻きすは是非用意してください。海苔だけでも巻けますが、緩くなりすぎてしまったり、ぎゅっと力を入れすぎて潰してしまうのを防いでくれるので、とても便利です。

 

norimaki_002

巻きすの上に海苔を縦長に置き、手水で濡らした手で、ごはんを広げます。手前の方に平になるように広げましょう。

 

norimaki_006

norimaki_008

次に好きな具を好きなだけ!ごはんの上にのせます。

 

norimaki_010

そうしたら、巻きすでごはんのある部分を全部巻くように、えいっと丸め、ぎゅっと握ります(※ここははじめは大人と一緒にやってみても良いですね)。

 

norimaki_009

まとまったら、巻きすをゆるめてころころ海苔を巻いてゆき、最後にもう一度巻きすでぎゅっと形を整えます。

2つか3つに切って、具が見えるようにお皿に載せてできあがり!

norimaki_011

写真:鈴木綾子

材料

  • ごはん
  • 焼き海苔
  • 水、酢  少々
  • 具(ごまと鮭、シラスとゆかり、きんぴらごぼう、など)

作り方

  1. 材料を用意する。ごはんは少し冷まし、海苔は半分に切る。全ての具をすぐに使えるように用意しておく。水をはったボウルに酢少々を入れて、手水を用意する。
  2. 巻きすに海苔をのせ、手水で濡らした手でごはんを広げる。好みの具をのせ、手前からぎゅっと巻いていく。2つか3つにカットする。

料理:注意事項

Filed in: 台所あそび[ステップ2]

このエントリーをはてなブックマークに追加

文:

すずの木カフェ店主。茅ヶ崎在住、2歳児の男の子の母です。 東京、フランス等で修行の後、料理教室講師やウェブサイトにてレシピ連載などを経験。 今はカフェの営業と子育ての毎日です。 日々、子どもと一緒に料理を楽しむことを実践しながら勉強中。 我が家の日常から、小さな子どもでもできることを少しずつご紹介します。 子どもと一緒に少しずつレシピのレベルアップをしていければと思っています。 もっと楽しいやり方があったら是非教えてくださいね!

関連記事

関連記事はありません