「FuBoLaboちがさき」は、茅ヶ崎で子育てをするお父さん・お母さんのための、より豊かで楽しい子育てライフを応援する情報サイトです。

ハサミでちょきちょき なめたけを作ろう

2014年11月21日 8:00 | 約3分で読めます
このエントリーをはてなブックマークに追加

nametake_004

ごはんとお味噌汁を作ったら、ご飯のお供も作りたいですね。ここでは、自分で調味料の分量を計る練習として、なめたけを作ります。重さで計ってしまう方法もありますが、子どもたちは目で見て「このくらい」という量を覚えていく方が力になると思います。
最近は、少量が計りやすい50mlくらいの小さな計量カップもよく見かけますので、お持ちであればそれも便利だと思います。(大さじ1は15ml、小さじ1は5mlが目安です。)ただ重さ同様、きっちり数字で計るよりは、スプーン1杯、おたま1杯くらいのおおざっぱな方法の方が、感覚は身に付きます。また、味が好みでなかった時などに「あと1杯いれてみよう」など応用もしやすくなっていきますので、なれるまでは大さじ、小さじ、カップなどで作ってみましょう。

 

nametake_002

まずえのき茸を袋から出し、握れるくらいの量を取り、端からハサミでちょきちょき切っていきます。約3cmくらいでしょうか。長さはお好みで良いと思います。長いの、短いのとバラバラになってしまっても大丈夫です。

 

nametake_006

お鍋にえのき茸が入ったら、調味料を計り入れます。瓶から直接おさじに入れるのは難しいので、一度カップなどに多めに出してからすくうのが良いでしょうか。(カップは注ぎ口が付いているものだと、余りを瓶に戻しやすいです…!)

 

nametake_008

酒大さじ2、みりん大さじ2、しょうゆ大さじ3をそれぞれ入れたら、蓋をして火にかけます。弱火でコトコト10~15分。

 

nametake_010

えのき茸から水分がでますので、水などは入れません。煮えたら蓋を取り、水分が残っていれば、煮詰めて出来上がり!小鉢や保存瓶に入れて、1~2週間で食べきりましょう。

 

nametake_011

「なめたけ」は好きな子も多いですし、簡単なので是非ご自宅で作ってみてください。ご飯にのせるのはもちろん、麺類や卵焼きの具などにも重宝しますよ!

 

材料

  • えのき茸  2袋(約200g)
  • 酒     大さじ2
  • みりん   大さじ2
  • 醤油    大さじ3

作り方

1えのき茸を3cmくらいに切り、調味料と共に火にかける。蓋をして10~15分。
2蓋を取って、えのき茸がくたっとしていれば、余分な水分を飛ばす。

料理:注意事項

Filed in: 台所あそび[ステップ2]

このエントリーをはてなブックマークに追加

文:

すずの木カフェ店主。茅ヶ崎在住、2歳児の男の子の母です。 東京、フランス等で修行の後、料理教室講師やウェブサイトにてレシピ連載などを経験。 今はカフェの営業と子育ての毎日です。 日々、子どもと一緒に料理を楽しむことを実践しながら勉強中。 我が家の日常から、小さな子どもでもできることを少しずつご紹介します。 子どもと一緒に少しずつレシピのレベルアップをしていければと思っています。 もっと楽しいやり方があったら是非教えてくださいね!

関連記事

関連記事はありません