「FuBoLaboちがさき」は、茅ヶ崎で子育てをするお父さん・お母さんのための、より豊かで楽しい子育てライフを応援する情報サイトです。

卵のあさごはん2 ハムエッグ

2014年11月7日 10:00 | 約3分で読めます
このエントリーをはてなブックマークに追加

hamegg009

今日は何をつくりたい?と聞くと「目玉焼き!」と息子。卵が上手に割れるようになると、目玉焼きが楽しくなりますね。いただきもののハムもあったので、ハムエッグにすることにしましょう。

 

hamegg002

まず卵を割ります。初めての目玉焼きの時には、やぶれてしまうと悲しいですね…卵は小さなボウルなどに一度割ってからフライパンに移しましょう!

 

hamegg003

フライパンは冷たいままで大丈夫ですので、油を少したらしておきます。(ここではフライパンはテフロンなので、写真の油の量は多すぎでした。子どもが入れるのに失敗しないようにするには、油を小皿にとって、布やキッチンペーパーなどで塗った方が良かったなあ、と思っています。)

 

hamegg004

次に、フライパンにボウルに割っておいた卵をそーっと移し、ハムも並べます。

hamegg006

 

ここで初めてフライパンを火にかけます。

hamegg008

弱めの中火くらいでじっくり焼いていくと、透明だった白身がだんだん白くなってきます。ハムは薄いものならば裏返す必要はないので、そのまま白身が固まるまで焼きましょう。いじらないでじっと待つのも楽しみですね。

 

hamegg010

焼けたらまず、フライパンを火から下ろします。まだ熱いので気をつけて、フライ返しなどでお皿にとります。フライパンが動かないよう、少し支えてあげると良いですね。先にハムを取り出してスペースを作ってから、卵を取り出す方が崩れにくいですよ。

 

全部お皿に並べたら出来上がり!ごはんやパンに添えていただきましょう。

hamegg012

大人には簡単な目玉焼きですが、崩れないように、火傷しないようにと子どもには緊張感のある作業の連続。調理の基本を学ぶには良い料理だと思いますので、楽しく作ってくださいね。

 

料理:注意事項

 

Filed in: 台所あそび[ステップ2]

このエントリーをはてなブックマークに追加

文:

すずの木カフェ店主。茅ヶ崎在住、2歳児の男の子の母です。 東京、フランス等で修行の後、料理教室講師やウェブサイトにてレシピ連載などを経験。 今はカフェの営業と子育ての毎日です。 日々、子どもと一緒に料理を楽しむことを実践しながら勉強中。 我が家の日常から、小さな子どもでもできることを少しずつご紹介します。 子どもと一緒に少しずつレシピのレベルアップをしていければと思っています。 もっと楽しいやり方があったら是非教えてくださいね!

関連記事

関連記事はありません